2006年 11月 06日
【音楽/アルバム】笹川美和『夜明け』
笹川美和さんのことは、友人に誘われて彼女のシークレットミニライブに行って知りました。



圧倒的な歌唱力、曲の力。
地元新潟をこよなく愛する彼女は、作曲は自宅じゃないと上手く出来ないといい、東京に新幹線で通う毎日とのこと。(ミニライブの時の話で、今はどうか知りませんけれども)
まるで留学生のように片言な印象を受ける話し方で、素朴な可愛らしい方。MCにくすくすと笑いっぱなしでした。

そのミニライブの数日後、1stアルバムの『事実』を購入。お気に入りの一枚です。
しかしながら、3rdアルバムである今作『夜明け』は、『事実』をはるかに凌駕する内容だと思います。

1トラック目『夜明け』は本当に地平線がうっすらと明るくなっていく様を彷彿とさせる透明感あるサウンドで、2トラック目『向日葵』は朝日が昇っていくかのよう、優しい力強さを感じさせます。
3トラック目『いりませんか』では朝日の爽やかさ、希望に満ち満ちた印象を想起させ、、、と、まるで1日の時間を辿っていくかのような構成です。
ちゃんと昼も訪れ、夕刻も訪れ、夜の穏やかさ静けさ、夢の中でのまどろみまで感じさせる楽曲が並んでいます。

わたしが好きなのは、1.夜明け、2.向日葵、9.誘い、11.光とは、12.紫雲寺、です。
詩も素晴らしく、情緒深く奥ゆかしい古き言葉なども織り交ぜられています。
このアルバムは、強力なタイアップがある、誰もが知っているような曲は入っていませんが、どの曲も名曲だと思います。

笹川美和さんの作り出す音の世界は、本当に優しくて、光に満ち溢れ、わたしは大好きです。
催眠効果もあったり、します。(笑)
ほんとうに、ぐっすりと安心して心地よく眠れます。おすすめの一枚です。
[PR]

by seika79 | 2006-11-06 08:38 | レビュー


<< にこっぺちゃんとは      んまそうな、秋 >>