2007年 05月 03日
HUMANWOMAN mellowyellow メッシュシューズ
a0085248_14324942.jpg

憧れの初HUMANWOMAN。
靴を買いました。

http://www.humanwoman.net/
直販サイト



モノはこれ。
近頃(と、いうかここ半年ぐらい)毎日のように履いている靴は、ストラップにボタンがついていて可愛らしく、靴下はいてよし、素足でもよし、どんな服でも合うという万能ぶりで大変お気に入りなのですが、実は雑貨屋さんで2,000円で買った代物。
安い買い物は大好きですが、いかんせん底が薄っぺらぺったんこで足が疲れます。しかもサイズ合ってないの。(苦笑)
OFFプライスで2,000円だったので、「ををを」と衝撃が走ったものの、Lサイズ(24~24.5)しかなかった。(わたしの足のサイズは23.5、身長も161cmと実に標準です)
夜で靴下を履いていたせいなんですけど、「あ、でも少しゆるいぐらいだから大丈夫かも」と思って購入に至ったのですが、いや~、ぶかぶかで。電車に駆け込もうとして靴がすっぽ抜けて飛んでいき、電車を逃した経験数知れず。(アホ)
そんなこんなで、代わりの靴が欲しいなぁとずっと思っていたんです。

最初はこの靴ではなく、ヒールが高めの、もう少し上品な雰囲気の靴に目がいき、試着して「お、これいいかも」と好感触。なんかね、履いた感じがすごくしっくりくるの。
そして、「同じような茶の靴はありますか」と聞いて出てきたのがこれ。
店員さん「こちらなら、走れそうですよね」
私「うん、これは走れますね」
うーんと迷って、どんなシチュエーションでも使えそうで、楽ちんだったこちらに決めました。

靴選びは難しいなぁ、と思います。
見た目が好みなこと。履き心地がいいこと。履いたときのシルエットが美しくなること。(美しい、ではなく、「美しくなる」。)
そんな数々の審査をくぐり抜けても、長らく愛せるか、履き続けられるかというのはもう少し、ハードルが高くなります。わたしの足に、馴染んでくるか、疲れないかっていうのは、すごくすごくポイントです。
とても大切なポイントだけど、こればっかりは履き続けてみないと分からない。
それは高かろう安かろうの問題でもなく。たぶん作る側の心意気とか、そういう問題。だからデザイン性と両立している靴と出会うと、わー、と感動します。職人さんてスゴイ。

この靴はどうかなぁ。
すごく愛せる予感はするのですが。
スパイス感はないので、うきうきはしないものの、しっくり馴染んできてくれたら嬉しいなぁ、と思います。
[PR]

by seika79 | 2007-05-03 14:33 | ファッション


<< 鶏のプロバンス風      ひとりごと >>