2009年 12月 17日
ひとりごと
わたしの孤独や辛さは、わたしにしか、分からないものなのだと思います。
哀しみも、胸の痛みも。
シェアしようったって無理なのです。
どこまでいったって、わたしにしか分からない。
喜びでさえも。

20代のすべてと、さよならをしてきました。
さよならしてきたものは、20代のわたしにとっての、すべてでした。
大事に大事に大事に、胸にあたためてきたもの。
ばかばかしいと笑うなら笑ってください。
これが今のわたしのベストです。

世界で一番好きだった彼と別れ、その後大好きなひとと出会い、うまくいかずお別れをし、友人から告白をされ、そのひとをほのかに好きになり、勇気をもらい、だけどお断りをして、そうして果たしてきた決断です。(惚れっぽいのはまぁ見逃して下さい、笑)
逃げ場所はもう、どこにもありません。綺麗な想い出にさえも。
わたしの傍には、大切な友人が、大好きな友人がいて、そのことにひたすら感謝をするだけ。

「集大成だね」「巣立ちだね」と、何人かのひとから、言われました。

髪を切ったことも。
想いを断ち切れず、ずっと伸ばしてきたんです、わたしは。
彼が、長い方が好きだと言ったから。たぶんきっと、いろんな言い訳してきたけど、それだけのことだったんです。

「とてもよく似合ってるよ」

「でしょ?自分でもそう思うの」

More
[PR]

# by seika79 | 2009-12-17 02:01 | ひとりごと
2009年 12月 13日
mixiアプリ コルクボード ロゴ
http://mixi.jp/view_appli.pl?id=11846
a0085248_2039323.jpg
■案件概要
おともだちのzioくん作のアプリです。
mixiのアルバムに登録した写真を、こんな風にぺたぺた貼り付けて飾ることが出来ます。
よろしければ使ってみて下さいませ。
mixiフォトアルバムを使っている方は是非。
※Silverlightというプラグインのインストールが必須です。

■担当部分
・ロゴデザイン(背景含む)

■制作期間
2009年11月
※ロゴ自体は、確か4~5hぐらい。

ちなみに、zioくんはプログラマーとしてかなり優秀です。
(わたしの評ではなく、彼を紹介してくれたひとの評なのですが。わたしはプログラムスキルを評するスキルを持っていません、笑)
そして、ものすごく親切で寛容なひとだと思います。
アプリで何か気になるところや、こうなったらいいのにという意見があったら、ぜひ伝えてあげて下さい。
大喜びで改修なり、レスポンスなりしてくれると思います。

昔「プログラマに必要なのはサービス精神。ただそれだけだ」と言ったひとが知人にいたのですが、彼ほど寛容なサービス精神を持っているプログラマをわたしは他に知りません。
「ココ変になってるよ」と伝えれば「ありがとうございます、すぐ直します」。「この機能ついてた方がいいよ」と言ってみれば「了解です、実装します」(これがまためちゃくちゃ早いんだ)
純粋にプログラムを書くことが好きだからだと思います。

彼の場合、微妙に親切心ではなくて(笑)、「別にそれは面倒じゃないから。」とか、「好きでやってることだから。」という精神でやっているようで、逆にそこが彼の人間性としての素晴らしさだと思います。
要するに恩着せがましさや、見返りを求める浅ましさがないんですね。
「べつに、普通だと思うんですけど。」といつも言っていますが、わたし的にはふつうじゃないです。笑。
ふつうだと思っちゃってるところがすてきな訳ですよ。

「聖花さんのご意見のおかげで、とってもよくなりました」
プログラムと向き合っているなぁと、つくづく思います。
より良くしたいという純粋な向上心があればこその言動です。ちっぽけなプライドなんて捨て去る潔さを、よく彼の中に感じます。感謝や謝罪の言葉は、謙虚にならなければ、決して出てこないからです。自分の虚栄心ではなくて、作る対象にフォーカスしているからこそ、出てくる。
わたしはデザインにダメ出しをされたとき、なかなか本心からは言えないんです、こういう言葉。ちっぽけな虚栄心が邪魔をして。
だからわたしは彼を割とリスペクトしています。

開発裏話
[PR]

# by seika79 | 2009-12-13 20:42 | 制作実績
2009年 12月 08日
ひとりごと
にちようび。
自由演奏会@豊島ふくしまつりにいってきました。
クラリネット吹きました。(ま、地元の楽団で毎週吹いてるけど。)楽しかったれす。
以前ボランティアに行っていた障害児のアフタースクールの会のひとびとに久々に会いました。
ひさびさ過ぎて、なおかつ髪の毛ばっさりいっちゃってメガネもオフってたので「はじめまして」などと言われまくってしまいましたが、「いやいや、聖花です」「え。……あー!!!」などというやり取りをして、呑みました。楽しかったれす。
「いつも飲み会にいるね」などと言われてしまったので、またボラ行こうかな、と思いました。飲み会につつがなく参加するために。(えー)

げつようび。
お仕事頑張りました。X万売り上げちゃりーん。
いつもこんな感じでがしがし手を動かせると良いのですけれどねぇ。
デザインは、苦しんでクオリティアップ、楽しんでスピードアップ、の繰り返し。
スピード的には自己記録を更新。
でも、もっとセンス磨かねばと思います。そこはかとなく漂うダサさ、ダメさを横目で眺めつつ、まぁぼちぼち。いつも直視では身が持ちません。
ひっそりと心の中で自分を褒めていこう。それぐらい許していこう。あーだこーだは他人が言ってくれるさ。

しかしデザイン仕事ばかり舞い込みます。
ありがたいお話なのだけど、わたしはデザイナーなのか……?

"書いた小説に読者がひとりでもいれば、小説家である"
という言葉をもらったことがあるのですが、同じくデザインをわたしに頼むひとがいる限り、わたしはデザイナーである、と言えるのかもしれません。
そのぐらい言葉の定義の垣根を低くして頂かないと、キッツイです。

More
[PR]

# by seika79 | 2009-12-08 13:00 | ひとりごと
2009年 12月 03日
味噌煮込み、ウス
a0085248_19415057.jpg
腹が減った。しかも寒い。ということで、ありあわせの食材で、味噌煮込みうどんを作りました。
料理は適当第一、じゃないと楽しくないし、続かないです。
適当な肉がなかったので、冷凍庫を捜索、ホタテを発見したので投入。(冷凍ホタテとかあるところが実家のありがたみ)
という訳で、具材はホタテ、ねぎ、えのき、たまねぎ、たまご、うどん。
この簡単さでこのうまさにありつけるのは、ナイス、味噌煮込みうどんナイス。

More
[PR]

# by seika79 | 2009-12-03 19:49 | ひとりごと
2009年 12月 03日
ピッタリ
昨日は突如思い立ちましてリフレッシュデー

朝から立て続けに、ビフォーアフター認識可能人物と逢瀬

「とりあえず前より全然いいよね」

あざーっす
今のところ支持率100%でございます
イメチェン大成功 だね

PC持って、カメラ持って、みたいな恰好がしっくり来るようになったのが、良かったなぁと思うポイント
特にカメラが違和感なくなりました

アレンジというか、服の着こなしやアクセサリの合わせ方で
スッゴク女っぽくなったり
可愛くなったり
カッコよくも出来たりするので
楽しいです

ショートの可愛い女と言えばやはり、『ゴースト/ニューヨークの幻』のデミ・ムーア
激しく胸キュンですよ

何度観てもおまいら何やっとんねんと思うシーン

ジーンズとハイヒールとか
ビビッドピンクのスカートで外してみたり とか
ワンピースもなかなかいいんだな

「なんか、アクティブな感じがしっくり来るねぇ」

ですね
けたけた笑っててもおかしくないっていうか
お酒がっつり飲んじゃってもモウマンタイっていうか
すごくわたしらしい、感じ

1カ月か2カ月したら、また切りに行こう
ショートはこまめなメンテナンスが必要なのねん

紅めな口紅とかもいやらしくなりすぎないので
メイクの幅も広がりそうデス
ふりーだーーむぅ

やっぱ思い切りって大事すよ
[PR]

# by seika79 | 2009-12-03 10:24 | ひとりごと