2007年 01月 23日
胸高鳴るとき
a0085248_19222625.jpg

意味もなく、まるで恋でもしてるかのように、どきどき鼓動が高鳴るときって、ありませんか?
わたしはぽちぽち、あります。
あれは一体、なんなんでしょう。



一番最初にそのことを意識したのは、小学校5年生のとき。
朝、登校するとき、小学校の校庭から立ち上る雨の匂いが潮の香りのように香っていました。
どきどき、どきどき。
当時好きな男の子はいたけれど、別にそのひとのことを思い浮かべている訳でもなく。
なんだこりゃー?って感じ。

科学的に言えば、脳内物質がうんにゃらかんにゃらって話なんでしょうけど、最近は「なんかあるんだよ、きっと。」なーんて思ったりしています。
想われニキビみたいな。ね。誰かがどこかで、わたしのことを愛しいと想っていてくれるのだ、とか。
そういう風に考えた方が、ちょっと楽しいです。

写真とまったく関係ない話のようですが、実はこの写真、わたしにとっては、そのときの気分をよくあらわしている光景だったりします。
なんかこう、目を細めて見る感じ、というか。胸の中に大切にひそめる感覚。
うまく言えないけれど。
[PR]

by seika79 | 2007-01-23 17:22 | 写真


<< ひとりごと      ひとりごと >>